本日アベンジャーズシリーズの完結作品『アベンジャーズ エンドゲーム』を観てきました。
これまでのシリーズ全てを観ましたが、完結に相応しい内容で、物語を上手く締めくくっています。
鑑賞後の感動が冷めないうちに本作品の評価、レビューをにわかファン目線で述べていきます。

目次

  1. あらすじ
  2. 見所
  3. 評価
  4. 感想
  5. 最後に

あらすじ

サノスに敗れ、人類の半分が消滅した世界。
大切な人を失った悲しみを乗り越えようと前へ進む人もいれば、なかなか進むことが出来ない人もいた。
それはヒーロー達も同じである。
悲劇的な惨事からしばらく時間が経ったある時、行方不明となっていた一人のヒーローがチームの元へと戻ってくる。
それをきっかけに、彼らのアベンジが始まる!

見所

最終決戦

シリーズ最後に相応しい最終決戦となります。
キャラクターそれぞれが違った戦闘スタイルで活躍するのはアベンジャーズシリーズの醍醐味だと言えます。
これまでで一番激しい戦闘の結末は、まさかのものでした。

歴代作品のシーンが蘇る

これまでのシリーズの名シーンが再び登場します!
数々のシリーズ作品がありましたが、全てがこの結末のためのものであるとも言えます。
ネタバレになりそうなので具体的な説明は省きます!

かつてのキャラクター達

具体的な状況を説明するとネタバレになってしまうのですが、これまでの作品に登場してきたキャラクターが重要な鍵となっています。
また、感動的な再開を果たす場面もあります。
ちなみに私はいくつかのシーンで涙しました。

結末

『エンドゲーム』の名前に相応しい終わり方でした。
人によってはこの結末が幸せなのかそうではないのか意見が別れるかもしれません。
どちらにせよ私のように感動して泣いてしまうのは間違いないです。

評価

歴代のどの作品にも言えるのですが、アベンジャーズといえば最強ヴィランとの戦いです。
それぞれの能力を生かした異なる戦闘スタイルはどれも見応えがあります。
それに加え、この完結作品では彼らの人間模様、人生をも楽しめる作品となっています。
大切な人たちを失った彼らがどのように前に進み成長するのか?
最後に何を考え、何を守るのか?
これまでの作品以上に映画の中身が詰まっています。(私の記事の内容以上に)

しかし、この作品の長所であり短所な点は、これまでのシリーズ作品全てを観ないと本作の100%を楽しむことが出来ないことです
本作はキャラクター一人一人のバックグラウンドを知っていないと感動できない場面ばかりです。
また、ヒーローの能力もかつての作品を観ていないとよくわからなかったり、小ネタとなる伏線を知る事が出来ないのも感動要素が下がる要因です。

感想

ゴールデンウィークなだけあって、映画館は満席でした。
シリーズ最終回なので期待していたのですが、その期待を上回る内容、アクション、映像でした。
映画を観終わった後は、見る前より彼ら(ヒーロー)のことを好きになるでしょう。
今回は私の推しメン『キャプテン・アメリカ』の想像を超えた活躍を見ることができたのが1番の興奮でした。
インフィニティーウォーと比べると戦闘シーンの割合は少ないかもしれませんが、興奮はそれ以上のものです!
べた褒めな感想はこれで締めくくります!

最後に

もしシリーズをまだ観ていない、もしくは見逃したシリーズがあるという人は、本作品を見る前に見直すことをお勧めします。
シリーズ最終話となる『アベンジャーズエンドゲーム』はこれまでのシリーズ全てを観てきた人が味わうことができる掛け替えのない最高な作品となっています。
是非劇場で彼らの最後の戦いを目の当たりにしてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。