『アベンジャーズ エンドゲーム』が世界中で大ヒットしていますが、DCコミックだって負けていません!
今回は、ジャスティスリーグシリーズのnew ヒーロー『シャザム!』を紹介します。

目次

  1. あらすじ
  2. 見所
  3. 感想
  4. 評価
  5. 最後に

あらすじ

幼い時に母親とはぐれた少年ビリーは、母親を探すため数多くの問題行動をして里親を転々とした生活を送る。
14才の彼を新たに迎え入れた家には他にも身寄りのいない子供達が暮らしていた。
新たな家族にも馴染めないでいたビリーは、ある時同居している少年フレディを助けたために不良少年から終われる羽目に。
逃げ切った彼は不思議な現象に遭遇し、薄暗い宮殿にたどり着く。
そこで特殊な力を得た彼は、幼いながらヒーローとして成長していくのだった。

見所

見た目は大人、中身はコドモ

特殊な力を得た彼は、新たな姿『シャザム』の名を言うことで変身します。
返信しても中身は14才のまま。
ヒーローオタクのフィレディと共に新の力を引き出していくのですが、子供ならではのいたずらなどもしちゃいます。
複雑な生い立ちで誰にも心を開かなかった彼の成長物語でもある作品です。

特殊能力

返信した彼は、怪力, 高速移動, 飛行, 電撃などの特殊な力を自在に操れます。
その力は、スーパーマンに匹敵するほど。
中でも電撃は彼の象徴的な力であり、変身するときは彼に稲妻が降り注ぎます。

アクションシーン

怪力・飛行能力の2つの組み合わせと言ったらやはりアクションシーン!
地上だけでなく空中でも縦横無尽に凶悪ヴィランと戦います!
大迫力のアクションシーンも見所です。

感想

全体的に見応えのある作品でした。
DCコミックの中でも彼の能力は強いもので、それがアクションシーンの満足度へと繋がりました。
また、本作品にはギャグ要素も十分に含まれており、親友フレディとの絡みはもちろん、戦闘中でさえ笑えるシーンがたっぷりでした。

MARVEL作品で例えると、
『スパイダーマン × アントマン』のこの2つの作品が混ざり合ったような少年ならではの葛藤とヒーローらしくないコメディ要素が詰まっており、 作品をみ終わった後でも記憶に残っている面白さで大満足です。

評価

申し分ないアクションシーン!

数多くのヒーロー映画がありますが、彼の縦横無尽、とんでもない破壊力が組み合わさった戦闘は誰もが満足するでしょう!

少年たちの成長物語

里親のもとで暮らしてきた彼の影のような心情が伝わってくる内容でした。
しかし、過去を克服して前に進んで成長するまでが少し手短だったと思います。
さっぱりと立ち直ったような印象。
でもそこまで気にならないです。

変身前後の性格の不一致?

これが一番気になる。
変身前は里親の家族に全く心を開くことなく自分の殻にこもっているビリーですが、変身したとたんにめっちゃ明るい陽気な性格なのは矛盾していると思いました。
これでは、変身前後で記憶だけは共有しているが、中身は入れ替わった別人格であるような感じ。
性格が陽気になるのも特殊な力の1つであるなら納得できますが、果たして?

最後に

本作品は、これまでのDCコミックシリーズを見ていなくても十分楽しめる作品です。
ヒーロー好きな人はもちろん、興奮する体験をしたい人には特にお勧めします。
ゴールデンウィークも後半に差し掛かりました。
これをきっかけに、是非劇場に足を運んでみてください。
『シャザム!』をよろしくお願いします!
最後まで読んでいただきありがとうございました。