イギリスの大学院に留学を考えたのは約2年前。(当時大学3年次)

そして、IELTSの勉強を本格的に始めたのが約1年前(大学4年次)の私が、ほとんど独学でIELTS5.0から6.0を取ることができました!

正直言って成長スピードは遅いと思いますが、お金がないので予備校に行く余裕がないという人、そして私のように英語があまり得意ではない人は参考までに読んでみてください。

ちなみに、過去問は面倒なので全くやってきませんでした!

目次

  1. 点数アップの経歴
  2. 参考書
    1. 英単語
    2. Listening
    3. Writing
    4. Speaking
  3. 最後に

点数アップの経歴

まずは、だいたいどの期間でIELTSのOverallが上がっていったかをざっくりと示します。
  • Overall:5.0

    2018年5月〜2018年9月ごろ
    初めてテストを受けたのは5月。
    5月からIELTSの予備校に約3ヶ月通う。

  • Overall:5.5

    2018年11月〜2019年4月中頃
    3月まで大学の研究が忙しく、英語の勉強を確保する余裕がなかった。
    研究の空き時間に参考書をつかって独学で勉強していた。

  • Overall:6.0

    2019年4月27日のテストで獲得しました。
    週三、四でバイトをしながら休日はIELTSの勉強に励んでいました。

参考書

Overallは5.0から6.0に伸びたのですが、Readingだけは一貫して5.5のままでした、、、

なので今回は、Readingを除いたお勧めの参考書を紹介します。

英単語

単語帳はこれ一冊を何周も勉強しました。

特徴は、目標スコア別に英単語がまとまっているということです。
それによって、自身が目標とするスコアまでの単語のみを何周もできて効率の良い勉強ができます。

また、重要語には類義語も載っているので、より単語が定着しやすい勉強を組み立てられます。

そして、mp3音源を無料でダウンロードできるので、スマホで通学通勤中に単語を聞いて勉強もできます!

Listening

スコア:5.0 → 6.0

リスニングの勉強はこれ!

先ほどの単語帳と同様に、mp3音源をダウンロードできます!

特徴としては、セクションごとに問題が分けられているため、集中力がもちます。

また、問題ごとに重要語句もまとめられているので問題を解き終わった後の復習もできます。

Writing

スコア:5.0 → 6.0

ライティングはこちらの参考書をメインに使用しました。

購入理由は、問題数の豊富さ

この参考書を繰り返すことで、使いまわせるフレーズが少しずつ蓄積されて本番に活かされます。

Speaking

スコア:4.5 → 6.0

特にスコアが伸びたスピーキング!

スピーキングに関してはこの二冊を推薦します。

どちらも音源をダウンロードできます。

勉強方法はどちらも何周も音読してきたのですが、
一冊目はセクション1,3二冊目はセクション2の勉強用にしていました。

最後に

3ヶ月だけ予備校でIELTSの対策をしていたのですが、Overall5.5から6.0までは独学のみでスコアを伸ばせました!

もし予備校に行く事に消極的な人、もしくは行く余裕がない人がいましたら、安心してください。

独学でもスコアは伸ばせます!

Overallを0.5伸ばすのに約3ヶ月かかると言われていますが、私のようにそれ以上時間がかかる人もいるかと思います。

しかし、勉強において努力は必ず報われるのではないでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。