英語の勉強をしながらバイト生活をしているフリーターの私。
実家暮らしでニートのように暮らしていたところ、家に『ボス・ベイビー』のDVDが届いたので今回はこれを紹介します。

目次

  1. あらすじ
  2. 感想
  3. 評価
  4. 最後に

あらすじ

3人家族の一人っ子『ティム』は、毎日両親からの愛情に満たされた暮らしをしていた。

そんな彼らの元に、赤ちゃんがやってきた。
タクシーに乗って!しかもタキシードを着てる!!
実は、その赤ちゃんにはある任務が課せられていた。

両親の愛情が赤ちゃんに注がれるのを嫌ったティムは、赤ちゃんを家から追い出すために任務に協力するのだが、果たして?

感想

物語に登場する可愛いキャラクターたち!
特に主人公の『ボス・ベイビー』

こやつ、とにかく太々しい!
赤ちゃんなのにいい年したおっさんのような性格なのである

しかし、時折見せる本来あるべき赤ちゃんの姿はまさにギャップ萌えなのではないでしょうか?

観ていて楽しいアニメーションフィルムでした!

評価

色鮮やかなグラフィックデザインは流石ドリームワークスである。
それによってキャラクター達の表情や仕草、そして街並みにも愛着を持てました。

また、小さな子供でも楽しめる分かり易い物語展開!
時折コメディタッチなシーンも入れており、それによって子供も大人もより作品に引き込まれるような演出がされていました。

少し残念だったのが、声優!
ボス・ベイビーの吹き替えを担当したムロツヨシさんはキャラにハマっていたと思いますが、
ティムの吹き替えは少し滑舌がよくなくセリフが聞き取りにくかったです。
吹き替えを担当した方は、おそらく今後の映画、そしてドラマを担っていくうちの1人にはなるでしょうが、声優としては伸び代たっぷりです。

全体的に、観てて楽しい映画でした。

最後に

数多くのアニメーション作品を手がけてきたドリームワークス!

子供も大人も存分に楽しめる本作『ボス・ベイビー

子供と一緒に観るのもよし!
友達と一緒に観るのもよし!!
私のように1人で観るのもよし!!!

是非楽しんでください!
最後まで読んできただきありがとうございました。